赤ちゃんの保湿

*

理想とはちょっと違う、赤ちゃんのお肌の状態


60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s


理想とはちょっと違う、赤ちゃんのお肌の状態。ゆで卵のようにプルプルで、潤いもあると思われがちな赤ちゃんのお肌。けれど、実は、赤ちゃんのお肌はトラブルが起こりやすい状態なのです。

生後2~3か月くらいまでは皮脂が多く分泌されていて、潤いはあるのですが、それ以降では皮脂分泌が一段落、今度は乾燥しやすい状態なのです。一方で、分泌される皮脂が毛穴を塞ぎ、乳児湿疹を出すこともあるほど、赤ちゃんのお肌はトラブルが起こりやすい状態なのです。

また、室内の空気が乾燥しやすい冬場は、入浴後でも赤ちゃんのお肌はとっても乾燥しやすくて、危険。お湯でせっかく潤ったのに、そのお湯やお肌の水分が、乾燥している空気に奪われてしまいます。

昔はベビーパウダーなどを使用しましたが、現在、ベビーパウダーの粒子が毛穴につまり、汗の分泌を抑制してしまうことがあるなどのことから、クリームの使用が一般的になってきていますよね。

赤ちゃんのお肌が最も乾燥しやすい入浴後、クリームを塗布してあげてください。塗布するのに良いものとしては、馬油や白色ワセリンなどがあります。

馬油の場合は、お肌に油分を補い、水分の蒸発を防いでくれます。潤いもプラスされて、赤ちゃんのお肌をプルプルにしてくれます。

ワセリンは、あらゆる皮膚科の薬の基となっているといわれるほど、お肌にはとても良い成分です。お肌に蓋をして水分の蒸発を抑制してくれます。お肌に刺激となるものも含まれていないので、赤ちゃんのお肌にとっては強い味方!

ぜひこの2つ、試してみてください。


赤ちゃんにとって保湿のもつ本当の意味は?

赤ちゃんは汗っかきと思いがちですが、実は汗腺などは未発達なんですよ。不感蒸泄といって、自分でも知らない間にかいている汗というのも、さほど多くないのです。

なので、生後3か月を過ぎると、夏場を除いては徐々に乾燥肌になっていくのです。そのため、赤ちゃんのお肌に、保湿剤としてローションやクリームを塗りたくなるママは多いのではないでしょうか。

赤ちゃんにとって保湿の持つ意味は、「外敵からお肌を守ること」なのです。赤ちゃんのお肌は、角質層が大人よりもとても薄くて、水分を保持しておく能力も低いんです。なので、空気中の細菌などに感染しやすくなっているのです。

そこで、保湿することで不足している水分を補い、お肌が感染することを防ぐことが重要になってくるのです。では、どのように保湿剤を塗ればよいのでしょうか。


保湿剤の塗り方は?


13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s


塗るタイミングですが、赤ちゃんのお肌が乾燥しそうなタイミングを狙います。例えば、顔を拭いた後、お尻を拭いた後、沐浴後などです。

塗り方ですが、まず、塗るためのママたちの手を清潔に保ちましょう。手を洗ってから塗ってあげてください。

ボトルなどからクリームやローションを取り出して直接赤ちゃんのお肌に塗るのは、ご法度。ママの手にとり、手のひらや手の甲で伸ばしてから、赤ちゃんの顔に塗ってあげましょう。

また、塗るときもゴシゴシこするのは、あまり褒められた方法ではありません。赤ちゃんのお肌をなでるように優しく塗り伸ばしてあげましょう。


記事